(たぶん)みなみちゃんだいありぃ・ブログ編



タグ:野球 ( 234 ) タグの人気記事


今季初のマリンスタジアムで西村新監督初勝利!

オープン戦とはいえ、やっぱり勝つってのは気色のいいもんだなおい。

ってなわけで千葉マリンスタジアムへ行ってきました。定期通院日だったんですが予定より早めに終わりましたので。

c0031888_2011599.jpg

c0031888_20123163.jpg



とっとと寝たいので、今日は詳細なレポをやめて箇条書きにしときます(選手名敬称略)。

・ライトスタンドにジントシオ氏が登場(本格復帰?)
・大嶺祐はセットポジションの投球がまだまだ不安(特に5回表)
・里崎、二死三塁の得点機に貫禄の見逃し三振(6回裏)
・ベイスターズへ移籍したマリーンズ3選手のうち橋本は出番なし
・筒香は当たれば飛びそうだが、まだまだ当たりそうにない
・ブーチェックは制球に難あり。シーズン中に契約解除か?
・そのブーチェックが苦し紛れに投げた?ストライクを神戸が右中間最深部へ2ラン!(8回裏)
・早坂、フェンス直撃の打球を早めに見切ることができず深追いし、打者走者の三進を許す(7回表)
・マーフィーはよく言えば荒れダマ、悪く言えばコントロールがままならない
・三塁側のラーメン小次郎が撤退・跡地にちば魂
・一塁側の幕張っ子が波奈エクスプレスになっていた(これが一番残念!)
・twitter経由で知った話だが、球団公式によれば今日は7万人超の観客が来ていたらしい(爆笑
[PR]
by minami_kit | 2010-03-03 20:24 | 野球

たかが応援団の分際で…その5(千葉マリンを引っかき回して逃げた、恥知らずな卑怯者どもの動向は?)

明日からキャンプも始まることだし、ひとことだけ書いておこうかな。

こないだ、名古屋地裁で竜心会裁判の判決が下った。スタジアムに入場すること自体はかなったということで、彼らには満足していただかなくちゃならんわな。双方とも控訴の意向だとかいう話を聞き及んだが、税金の無駄遣い以外の何物でもないから続けるなヴォケ!と一納税者として言っておく。

さて、うちの場合はフロント諸氏が腑抜け揃いということもあり、あれだけの狼藉を働いた(旧)BOBBY2010及びMarines Victory Productions並びに千葉ロッテマリーンズ外野応援団が出入禁止にもならず(竜心会問題で腰が引けていたであろうことは容易に想像できるが)、今季ものうのうと千葉マリンスタジアムに居座る模様。まぁ、ワタシは前述の判決を概ね妥当と評価しているので、各自がチケットを購入してスタジアムに入場する分には何も言わない。問題なのは、徒党を組んで迷惑行為に及ぶことだから。

ただ、ここでも再三にわたって書いたし決して忘れてほしくはないのだが、ヤツらは、前監督残留運動を「聖戦」などと煽って11万人もの署名を集めながら何の総括もせず、的外れの球団批判を繰り返し、挙げ句の果てには特定の選手に対する応援ボイコット及び公然たる中傷を展開し、旗色が悪くなった途端ホームページやブログを予告もなく閉めて逃亡した連中である。

こんな輩に「恥知らず」「卑怯者」以外の適切な表現があるだろうか。

首謀者がごく少数であることはもちろん承知している。なまじ球団フロントがヤツらに便宜を図ったばかりに、連中が増長してしまったということも承知の上。

だが、首謀者のみならず同調者たちも、あの一件でファンとしての本分を大きく逸脱したことは紛れもない事実であり真実。スタジアムへ来ること自体は法に触れる行為ではないので、ワタシ自身に止めることはできないが、ワタシはあのような連中と一時でもスタジアムという空間で席を同じくしたくないし、同じマリーンズファンとして同列に並べられたくはない。

目を覚ませ!
[PR]
by minami_kit | 2010-01-31 18:16 | 野球

国際基準云々を言う前に…

今さらだが、今季からプロアマともストライクとボールを逆の順番でコールする…そうな。

まぁ、観る側もやる側もスコアボードの表示さえ間違いなくやってくれれば問題はないが、「国際基準に合わせる」とかなんとかゅーお題目でやるんだったら、他にやることがあるだろうに。

国によって審判のレヴェルにばらつきがあるのをどう整理するのか?

'06年のWBCから未だに解決を見ていない、ボールの規格はどうするのか?

中日ドラゴンズ・吉見一起投手のドーピング規定違反疑惑がうやむやになったのはなぜか?今後、同様の案件があった場合の対応はどうするのか?

折しも、今日発行分の東スポによれば、野球にもFIFAのような国際的統轄機関を設立しようという機運が高まっているとか。いわゆる背広組には、責任を選手諸氏に丸投げ&MLB様の意向を伺ってばっかりでなく、きちんとしたリーダーシップを発揮していただきたいもんだ。むろん、国際基準の名の下に、野球という競技自体がスポイルされるようなことがあってはならない。少なくともニッポンにはその資格がある。期待するだけムダかもしれないが、期待しておく。
[PR]
by minami_kit | 2010-01-27 22:05 | 野球

だったら最初っから指定管理者制度なんか導入すんなよと(苦笑

サブローが千葉市長に芝張り替え直訴(link to NIkkan-Sports)

千葉マリンスタジアムの人工芝張り替え問題についてひとこと。

指定管理者関連の契約がどうなっているかがわからないので的外れなことを書いている可能性があるが、ワタシの乏しい知識から言わせていただくなら大規模修繕はオーナー負担で行われるのが基本。ワタシも千葉市民であるから財政状態云々は理解している(つもり)だが、張り替え問題が昨日の今日に起こったわけではないことを考えれば、市長の発言にはどうしても場当たり的な印象を受けてしまう。

そもそもハコモノを作ったからには、耐用年数やら減価償却を考慮して修繕あるいは建て替えのための予算を計上するなり基金を設定しとかなくちゃならんでしょうよ。海のそばという立地条件を考えればなおさら。それが、今になって「予算がない」とはなんたる言いぐさ。"ちゃんとした"分譲マンションなんかは管理組合を設立して管理費なり修繕積立金を徴収してるでしょうよ。民にできて公にできないはずがない。まぁ、肝心の管理組合がろくな仕事をしてないとか、滞納が後を絶たないとゅー問題がついて回るのはもちろん知ってますけど。

球団も球団で、財務諸表も公表していないくせに選手にヘンなことを言わせてるんじゃないよと。赤字にしろ年俸総額にしろみんな推定のカテゴリでしかうちらは知り得ないのに、「カネがないカネがない」と口先でなんぼ言われたって説得力なんかありゃしませんゎょ。改善されないなら移転も考えなくちゃだって?何をバカなことを。

こんな世界的な経済危機の中で、新しくプロ野球チームが来るからといって球団のために青天井の予算を計上できるところがニッポン国内のどこにある?なんぼ築年数が浅いスタジアムだって、いずれ経年劣化という現象がやってくる。てめーらはそのたんびに「直してくんないんだったら出てっちゃうよ?」ってネゴを展開する気なのか?それじゃB前監督と変わらねーじゃねーか。

寝言は寝て言え。

とは言っても、マリーンズにむざむざ千葉から出て行かれるような事態になってしまうのはもちろんワタシは望まない。とりあえず、広島の樽募金的なものや、修繕(建替)のための債券を千葉市が発行する…というレヴェルだったら協力するにやぶさかではない。今季に限り一律100円とか200円入場料upでもまぁやむを得ないんじゃない?
[PR]
by minami_kit | 2010-01-06 00:02 | 野球

長い間…と言うほど長くはなかったけど、部長今までありがとう!移籍先でも活躍してくれよ!

ワタシにとっては、この試合(link to my past entry '06.Sep.19)が早川大輔選手との出会い?でした。

それまであまり出場機会にめぐまれていなかったということもあり、鴎軍に移籍した最初の年はキャリアハイと思える?活躍を見せてくれました。地元出身という要素に加え(ファンブックに掲載された福浦選手との千葉県人対談はウケましたw)闘志を前面に押し出すプレーぶりもあって、あっという間に人気者になったのもいい思い出です。あの頃の西岡選手との1・2番コンビは、無死一塁の場面だと何をやってもうまくいったような気がするなぁ…

今季の彼は、打撃不振が守備にも走塁にも悪い影響を及ぼした印象を受けます。現地で観た中でも、8/22(対獅子)に塀ちゃんのヒットでやらかした中途半端な走塁とか、早めに見切ってポテンヒットにしておいた方が…という打球にわざわざ突っ込んでしまい失点を重ねる結果を招いた9/20(対狗鷲)とか…

とはいえ、守備&走塁のユーティリティとしてはまだまだ十分戦力になると思うんだけど。即戦力とは言われていますがルーキーは未知数であるだけに、今は「小坂選手を放出した後の鴎内野陣」の同じ轍を踏まないことをただ祈っております。まぁ、あのフロントがやることですからねぇ(謎笑

「バット投げ」については何も言いません(苦笑

金銭トレードなる措置については不快感が残りますが、スペ体質に加えて「ミスター初球」と言われる割に率の低い23番氏だったらトレードすらなかったでしょうから、望まれて移籍するのはプロとして本望…と早川選手には割り切っていただきたいもの。
[PR]
by minami_kit | 2009-12-14 21:35 | 野球

ダルビッシュ有氏におかれましては気を遣って?いただき誠にかたじけない。

うちらみたいな馬の骨と違い、ダル氏の言葉である点において説得力が天と地の差どころじゃない。蒸し返されることまで承知のうえでヨユーのコメントをぶっ放したゎけだから、そりゃ我々は座り込んで小便を垂らすしかないゎけで(苦笑

ダルが飲酒の大嶺弟へ「救いの手」訴える(link to Nikkan-Sports)
ダル“飲酒生徒”に「見守ってあげることも必要」(link to Sports-Nippon)
ダル、お金より飲酒補導の大嶺弟を心配(link to Dairy-Sports)
日本ハム・ダル、大嶺飲酒「温かく見守って」(link to 3K-sports)

ってか喫煙とのコンボ発覚ですって?…まぁ、ほとぼりが冷めたそばから第2弾をぶっ放されるよりはまだましかな(失笑 少なくとも、ユニフォーム姿の彼に対して心ないヤジを飛ばさない…ことだけはワタシでもできるので、可能な範囲で応援していく所存である。

己を厳しく律しなければならないプロの世界に身を投じたにもかかわらず、それができなかった選手がどんな末路をたどったかは、いやというほど歴史が証明している。プロ野球で成功を望むのであれば、答はひとつ。そこまで踏ん切りがつかないのであれば、残酷な決断を迫るようだがここは本人の意思でプロ入り自体を断念してもらった方がよろしかろう。
[PR]
by minami_kit | 2009-12-10 21:39 | 野球

リアル大物なのか、はたまた単なる馬鹿なのか…結論はこれからと思って楽しみにしましょうよ皆の衆(苦笑

どうやら夕刊の締め切りには間に合わなかったようで、今日発行分の東スポにはこの件が載っていなかった。なんでも彼は2週間の停学ということになるそうだが、ドラフト云々を抜きにしても、少なくとも触法行為に及んでいるのは(たぶん)事実なんだから、処分に関しては学校の裁量に一任とゅーことでいいんでない?

今でこそジャンキーの領域に片足を突っ込んでいるようなワタシだが、少なくとも「自らの意思で」アルコールに手を伸ばすようになったのは高校を卒業してからですょ(笑ぃ あの時分のワタシは水分&塩分の制限がハンパなくてね。ノドが乾いたら氷をかじってしのいでいたぐらいですから、ビールなんざとんでもねー話。それこそ、正月の酒で酔っぱらった父からおとそを猪口で一杯…ってのが1年に1度の飲酒体験でしたゎょ。

まぁ、呑兵衛のDNAはしっかり受け継がれていたようで、極端な食餌制限がなくなった後は立派な酒呑みになりましたけど(苦笑

ドラフト指名選手飲酒補導、入団会見欠席(link to Nikkan-Sports)
飲酒補導選手の契約見合わせ=ロッテ、反省見て判断-プロ野球(link to Jiji.com)
ドラフト指名の高3飲酒、沖縄県警補導(link to Yomiuri-Shimbun)
ドラフト:高3飲酒で球団「話し合い後に正式契約を判断」(link to Mainichi-Shimbun)
ドラフト指名の18歳を飲酒で補導 沖縄県警(Asahi-Shimbun)

プロ野球についてそれなりの知識を持つヒトが読めば、今回パクられた「ドラフト指名の高3」が誰かは一目瞭然なのだが、もちろんここではワタシは書きません。

だからニッポンジンは酔っぱらいに甘いのだとのそしりを覚悟で言わせてもらえば、飲酒運転でヒトにケガをさせたわけじゃなし、「年季が明けたら」後からぐちゃぐちゃ蒸し返さないのがオトナの対応ではないかとワタシは考えます。

現時点で、実名報道を敢行したスポーツ紙はデイリーだけ。この野郎…と思ったら、機関紙&公式に出てました。まぁ、某通販会社みたいに先手を打って遺憾のコメントを出したとゅー点で、これなら深刻なダメージは(本人の自覚次第だが)免れられるかなと。

飲酒補導選手入団会見は欠席 ロッテは実名で謝罪文掲載(link to Sport-Nippon)

ここは一罰百戒の効果を期待しておきましょうか…

もし、今回補導された「彼」が同様の事件を繰り返したら、その時は元モー娘。&元ダブルユーの辻ちゃんの相方みたいな目に遭ってもしゃーないですゎな。
[PR]
by minami_kit | 2009-12-08 21:23 | 野球

アマチュアとはいえ相手がセミプロ級だと、初見ではそう簡単に打てないでしょう(苦笑

c0031888_20513633.jpg
とゅーゎけでたぶん今年最後のベースボール観戦。今日は首相が来場されるとのことで、日シリ第3戦の時みたいな金属探知機の出番かぁ…入場に時間がかかるから早めに行ったが吉かなと思って12時ちょい過ぎぐらいに現着しましたが、荷物の目視のみで入場できました。元大統領>現首相なんですかね(苦笑


一昨日あたりに入場券完売とアナウンスされてましたが、実際は結構空席が見られました。

c0031888_20554917.jpg
ワタシの本日のお席。鴎軍選手の応援テーマを現地で歌うのもこれが最後か…と思い、ここに座るのは最初で最後であろう(笑ぃ とゅーエリアの席を購入しましたが、鳴り物その他一切なしとのことでこれは頓挫。小規模ではありましたが、右中間の自由席エリア(たぶん600番台前半のあたり)でアカペラによるチャンステーマがありましたけどね。まさかskinhead runningが出るとはまったく想定しておりませんでしたゎ(苦笑 8回裏・二死一・三塁でM根元選手がT大和選手の代打で登場した時でした。あえなく変化球で三振を喫してしまい「根元のアホーw」と声が飛んでましたが、犠牲フライすら打てなかったその前のG亀井選手にヤジが飛ばなかったとゅーことは、あのヒトは……ってことですゎな(失笑

斉藤佑樹投手には客寄せパンダの不名誉な肩書?を吹っ飛ばすぐらいの快投を期待してましたけど、これといったインパクトはなし。東浜投手と菅野投手の方が印象に残りましたねぇ。NPBアンダー26に関しては、テンポよく投げ込み三者三振でイニングを終えたM大嶺投手に尽きます。個人的に何か賞を差し上げたいところ。反対にがっかりだったのはF中田選手。5回裏一死、中後投手から左中間へ鋭い打球。普通なら二塁も狙える…はずでしたが、中田選手はなぜかハーフウェイから一塁へ戻ります。ワタシのも含めて結構怒声が飛んでましたねこの時。外野陣からの返球も、「(二塁を)狙えば刺す」というようなものではありませんでしたから。続く銀二朗選手が外寄りのストレートを右前へ弾き返します。うーんこの打球なら二塁で止ま…あれあれ?

一塁走者の中田選手が三塁へ向かってます。ちょwwwwwラン&ヒットでもないのに…案の定三塁で刺されました。誰がサインを出していたのか…いや、それ以前にサインを決めていたのか?とベンチにも突っ込みたいところですが、プロとしては情けないチョンボでした。

c0031888_2123939.jpg
結局両軍決め手を欠き1-1で決着つかず。プロが「勝てなかった」のは、取れるところできっちり点を取れなかった雑な攻撃のせい。最終回、銀二朗選手の代打で登場したE嶋選手を飛ばしてG坂本選手をコールしてしまうお粗末な場内アナウンスといい、終始gdgd感が残った一日でした(苦笑

[PR]
by minami_kit | 2009-11-22 21:18 | 野球

オトナの事情(球団自体が独立採算制でない以上、親会社の意向で経営方針が左右されるのは避けられまい)。

とりあえず"韓国の大砲"キムテギュン選手がめでたく入団と相成りました。破格の年俸はあくまでもこれまでの実績を踏まえた「期待値」であり、即レギュラーポジションが約束されたなどと勘違いされないことを希望します。ご当人のコメントを拝読する限りにおいては、今のところその兆候が見られないので安心しておりますが、いざシーズンが始まったらどうなりますことやら。もちろん大きな期待はかかりますが、その分不安も大きいのは確かです。スンちゃんみたいにブー垂れながら移籍したヒトもいたことですし(失笑

さて、本日発行分の東スポによりますれば『韓国人選手の獲得は重光オーナーの至上命令だった』そうですょ。また全文引用してみましょうか(笑ぃ 少しでも読みやすくなればと考え、ワタシの意図で若干のレイアウト変更を加えております(文章自体はいじってませんので念のため)。

※引用ここから
ロッテ入団が決まったWBC韓国代表の主砲・金泰均(キム・テギュン=27)が16日、千葉市内のホテルで入団会見に臨んだ。

金は「日本に行くことが(プロになって)最初の目標だった。日本でしっかり成績を残してメジャーに行きたい」との最終目標をぶち上げつつ、活躍を誓った。2008年に韓国で本塁打王に輝いた強打者は、ロッテにとって心強い存在になりそうだ。
阪神や米大リーグ球団なども興味を示していた金の獲得に成功したことで"決死の覚悟"で交渉に臨んだ球団フロントもホッと一安心。というのも「韓国人選手を絶対に獲らなくてはいけない事情があった」(ロッテ関係者)からだ。

それは重光武雄オーナー(87)の存在。

「実はここ数年、重光オーナーから球団の上層部に"何としてでも韓国の選手を獲れ!"という指令が出ていたんです」。ロッテは韓国で事業を展開しており、そうした韓国ロッテの営業面からも、韓国人選手を日本のロッテに入団させることが必要だったという。

しかし、タイミングなどもあって巨人に移籍した李承燁内野手(33)以来、ここまで韓国人選手を獲得できずにいた。すると今年になって「重光オーナーが"なんで獲らないんだ!"と怒ったらしい」(同関係者)。そこからフロントが目の色を変えたことは想像に難くない。獲得の裏には、そんな事情もあった。

この日の入団会見には複数の韓国メディアが駆けつけ、テレビカメラも数台持ち込まれた。早くも期待通りに効果が発揮されたといいだろう。西村徳文監督(49)は「来季一番の補強ポイントであった長距離砲。本当に素晴らしい選手を獲ってもらった」と話したが、もっとも安心しているのは、現場よりもフロントだったかもしれない。

引用ここまで※

なんか、後からいろいろとつじつまを合わせたような香りがしますねこの記事。

昨年暮れ、バレンタイン前監督がキムドンジュ(金東柱)選手の身分照会を行ったことがきっかけで、故・Marines Victory Productionsが騒ぎ出した「成績に関係なくバレンタイン監督は2010年以降の契約なし」というプレスリリースが出ましたよね?記事中にある重光オーナーから「ここ数年」韓国人選手獲得の指令が出ていたというのが事実であれば、オーナーの意を汲んで行動した(と推測される)前監督をわざわざフロントが潰しに行ったということになります。

実質的な球団経営はオーナー代行氏に任せた…自分は基本的にノータッチだというのなら話はわかりますが、「今年になって」オーナー氏自身が怒ったらしいとされているのも謎。記事を字句どおりに解釈すれば「代行氏が球団をコントロールできていない(あるいはフロントがキムドンジュ選手獲得の話を潰した)」ことに怒るのならともかく、「韓国人選手を獲れない」こと自体に怒るはずがありません。仮に、キムドンジュ選手が千葉ロッテマリーンズへ送り込まれることを想定していなかったとしても、一足飛びに前監督の去就に話が及んでしまうのは論理の飛躍が過ぎるというものでしょう。

営業面で韓国の選手が…というのなら、ある程度名の通った選手であれば、オーナー氏個人の心証を相当に害したようなことがない限り、(韓国)ロッテの営業面にとってはどちらでもそう大差なかったはず(とワタシは単純に思ってしまったのだが、正直あちらの経済事情には疎い方なので、指摘事項があればコメントください)。なぜ1年待ったうえでのキムテギュン選手だったのか…ワタシの中では今のところ明確な答が出せておりません。

まぁ、経営というシロートには到底手の届かない領域の話ですから、フロント諸氏には「いろいろ大変ね」とだけ言っておきますけど、そう遠くない時期に彼らが石もて追われるようにマリーンズから去ることは既定路線となった…と断言してもいいでしょうね。
[PR]
by minami_kit | 2009-11-17 21:42 | 野球

グッバイ&ウェルカム。

ロッテの清水が横浜へ 那須野&斉藤俊とトレード(link to Sports-Nippon)
清水が横浜移籍「ロッテに感謝している」(link to Nikkan-Sports)
ロッテ・清水と横浜・那須野&斉藤俊トレード発表(link to Sports-Hochi)
ロッテ・清水、複数年契約中の稀なトレード(link to Sankei-Sports)

ショウアップナイターバッテリーを聴いていたところ、千葉ロッテマリーンズと横浜ベイスターズとの間で交換トレードが成立した旨のニュースが。'05年秋の小坂誠選手トレードの時も、正式決定の一報に接したのはラジオが最初だった。まぁ、今からどっち(の球団)が得だ損だと議論したところで鬼に笑われるのがオチなので、ワタシとしてはひたすら応援するだけの話。もっとも、シーズン直前に実施された久保康友投手と橋本健太郎投手のトレードの結果を見ると、フロントだいじょぶなのか本当に?と言いたくなってしまうのはご愛敬というやつ(苦笑

「横浜には何年越しかでラブコールを送ってもらっていた。セ・リーグで勉強して、いずれロッテのために帰ってきてほしい。穴埋めは大変だが、若手にはチャンスを与えられる。」

記事中にあった瀬戸山氏のコメントに、なんとなく薄ら寒いものを感じたのはワタシだけだろうか。なんか、小坂選手の時と同じようなこと言ってるなぁと。その年の大晦日の話だが、年越しライブを聴きに横浜へ向かう車中で、当時LFでレギュラー出演していた川渕三郎さんの番組に瀬戸山氏がゲストとして招かれていたのを偶然聴いた。件のトレードについても話が及んだのだが、瀬戸山氏は「若手が成長してきたので、今後は彼の出番が減ることになる。ジャイアンツには以前から声をかけてもらっていたのでトレードに応じることにした」というような内容のことを話していた。その後小坂選手がジャイアンツでどれほど働けたか、'06年以降のマリーンズ内野陣の出来がどうだったかを見るにつけ、お世辞にもこのトレードが成功したとは言えないだろう。まして、小坂選手の代わりにやってきたのが1億円だったんだから。果たして何の即戦力になったんだかねぇ。いきなりイーグルスに移籍…とかだったらまだ救われたかもしれないけど。

そんな経緯もあって、瀬戸山氏のコメントをワタシは字句どおりには決して受け止めていない。

何はともあれ、清水投手には新天地でもうひとがんばりしてほしいし、マリーンズの一員になる那須野投手&斉藤捕手の両選手にはそれ以上に働いてほしい。那須野投手は交流戦で見たが、タッパの割にフォームに迫力がないんだよなぁ。うちの新任の投手コーチが再生させてくれることを願う…なんかソリが合わないんじゃないかとゅー気もするが(苦笑 斉藤捕手に関しては正直よく知らないが、ネットでリサーチ(笑ぃ したところによれば、竹原直隆選手とチームメートだったんですって?精神面の負担が多少軽減されるといいかな。ワタシの経験上、転勤先が知らない人だらけだとやっぱり心細いですしね。

千葉マリンの一塁側で待ってるよ。
[PR]
by minami_kit | 2009-11-09 19:00 | 野球


ブログ終了しました。今後は不定期かつ単発的に投稿することがあります。絡んでくださる方はtwitterへよろしく~
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
tweet by minami_kit
リンク各種
ブロガー様(五十音順)
いすみマリーンズ
おにぎりまるの、ぐ
かもめ見聞録
鴎3矢
鴎に飛び方を教えた猫
ケニーの気ままな猫たち
真・野球好きブロガー生息図
空もよう
東京からオリックスバファローズを応援
26cmの館
日刊kubokazu777
日記・独り言
やまだ書点の万葉パ・リーグ
40代 男 猫とふたり暮らし

オリジナル待ち受け製作
ひょ?2

Official(順不同)

☆野球
千葉ロッテマリーンズ
パシフィックリーグ・チャンネル(youtube)new!!
日本野球機構
日本プロ野球選手会
カンちゃんのマリーンズコラム・ "和"をもって尊しとなす
(Tobu-dept Funabashi)*renewal


☆音楽
GO!GO!7188*renewal
385
detroit7
Bleach(Bleach03)
*disbanded...
スパイシー・スペイシー(GO!GO!7188・ターキー)
気まぐれDIARY(GO!GO!7188・アッコ)
aiko
クレイジーケンバンド
LED ZEPPELIN(英語)
THE Who(英語)
早瀬優香子*Youtube*
斉藤由貴*Fan site*
草地章江*Fan site*
熊谷幸子*Wikipedia*

☆格闘技
日本ボクシングコミッション
日本相撲協会

☆競馬
地方競馬情報サイト
JRAホームページ
競馬学校ブログ(JRA)
トレセンブログ(JRA)
ばんえい十勝オフィシャルホームページ

☆演芸
社団法人落語協会
社団法人落語芸術協会
社団法人上方落語協会
立川流一門会
立川志の輔
桂雀三郎

ネタ系
痛いニュース
働くモノニュース:人生VIP職人ブログ

youtubeにうpした過去の動画はこちら↓からドゾー
kitaminamisan

※お知らせ
※トラックバック元orコメント元が次のいずれかに該当するものについては、原則として予告なく削除させていただきますのでご了承願います。また、競馬カテゴリのエントリに対するトラックバックは、「受け付けない」設定としておりますので併せてご理解くださいますようお願い申し上げます。

a.商用及び商用に準ずると認められるもの
b.公序良俗に反する内容が含まれるもの
c.閉鎖、リンク切れその他の理由により閲覧不可となっているもの
d.未成年閲覧不可・会員制などアクセスに制限があるもの(年令認証などのアクセス制限措置が具体的に取られているかいないかを問いません)

各々のエントリ内容に直接言及されていない(又は関連性が薄いと判断される)トラックバックに対しては、トラックバック返しあるいはコメントを行いませんので申し添えます。

「直リンクがないエントリからのトラックバックを拒否する」設定にされているブロガー様からのコメントorトラックバックについても、原則として同様に取り扱いますのでご承知おき願います。('08 Jan.1全面改訂:'08,Sep.26一部追加)

※トラックバックを承認制としました('09,Apr.15追加)
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
王手!
from 日刊kubokazu777
今年は、西武ライオンズが..
from 今年は、西武ライオンズが楽し..
一阿のことば 32 「〔..
from ガラス瓶に手紙を入れて
田原成貴
from ヘルズ ダイアリー
トートバッグについて
from トートバッグの通販人気情報
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧