(たぶん)みなみちゃんだいありぃ・ブログ編



<   2005年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧


有馬記念はディープインパクトの草刈り場確定だけど…

ディープインパクトの次走が有馬記念に決まったそうです。

それにしても天皇賞。何ですかありゃ?良馬場10ハロンのG1で勝ちタイムが120秒を上回ったという点で、このレース自体の評価がだだ滑りになりました。しかも、負けた馬の陣営はほとんど一様にペースの遅さを敗因に挙げるお粗末さ。スローペース症候群と呼ばれたほど、一時は中・長距離の重賞が上がりの競馬になるケースが多かったもんですが、またこれが再発ですかね?

乗り役間の駆け引きというのも、確かにレースを読むファクターのひとつではあります。でも、前記のスローペース症候群という時代は『誰かが(前に)行ってくれれば』という他力本願的な騎手が多く、トップクラスの一部を除き、ほとんどの乗り役は周りを見ながらレースをしていたというのが実情です。いや、して「いた」んじゃなくて今でもして「いる」でしょ。あの当時トップにいた岡部・柴田政・南井・河内・小島太といった名騎手たちが現役を退きある程度世代交代が進んではいますが、じゃぁ今の現役騎手の中で『自分でレースを作れる』ヒトってどれぐらいいるでしょうね?武豊騎手ですか?あとは?横山典騎手?日曜日にゼンノロブロイで「やっちゃった」ばっかりぢゃないですか。ヤツは、同じ秋天で騎乗したサクラローレルで似たようなことをやらかして境のおじいちゃん(境勝太郎調教師;当時)にブーイング浴びたという前科持ちですぜ(笑ぃ

今、ニッポンでトップクラスに位置づけられているジョッキーは、その大半がトコロテン的に押し出されただけの連中ですから、ガイジンジョッキーに3週連続暮れのG1獲られちゃうんですよ。今年の話じゃないけど、情けねーの一語。

そーいう環境ですから、ワタシはディープほどの馬が国内で走り続けるのはもったいないと思ってるんですね。内弁慶相手にいくら勝ってもしゃぁないでしょ。それが次走有馬記念とはね。もうがっかり。動物としてのウマをちょっとでも知っていれば、あんなキチガイとしか思えない歓声が上がる中山のスタンド前でディープを走らせるわけにゃいきませんよ。大暴走した挙げ句故障したら目も当てられませんって。
[PR]
by minami_kit | 2005-10-31 22:54 | 競馬

裏付けのない経済効果試算は単なる机上の空論。

東スポ10月29日号で、阪神タイガースのシリーズ敗退に伴う経済損失が100億円以上という記事が掲載されておりました。

経済効果といえば、大阪府立大・宮本勝浩教授の名前が判で押したように出てくるところですが、結局のところ『経済効果』=『単なる皮算用』で、特に 『経済損失』=『当てが外れた』ってこっちゃありませんこと?経済効果というやつは、入場料収入やスタジアムでの飲食による消費、各種グッズの購入あるいは優勝記念セールの売上げにとどまらず、それらに付随するあらゆる消費を統計学(いわゆる計量経済学)的に積み上げた数字…と位置づけられていますが、

・どれぐらいの日数を測定期間に設定するか
・当該現象(この場合はタイガース優勝)に関する消費活動の具体的な定義は何か

…といった点が未だ不明なんですね。ブン屋あるいは宮本先生もしくは両者が横着してるとしか思えません。

宮本先生は、昨年プロ野球選手会のストライキに伴う経済損失額を約103億円程度と算出しました(という記事をワタシは新聞で目にした)が、先生が後日この数字を検証した結果は、残念ながらワタシの知る限りにおいてはマスメディアでは報じられていません。タイガース優勝に関する経済効果についても同じ。

新聞(ウェブ版含む)という不特定多数の目に触れる所で公表された研究結果(の基礎)が、まさか学内向けの叢書でしか読めないなんてヴァカなことはありますまい。今すぐ府立大のサイトに掲載するなり、そこで掲載誌(紙)を予告して数字の根拠を出してくれませんかね?でないと、あなたが今後発表するあらゆる経済予測は引き続き『ヨタ記事』扱いですから…少なくともワタシはそう認識します。まさか、検証不能とはおっしゃらないでしょう…机上で『推測の範囲を出ない』レヴェルの検証しかできないのは承知の上ですがね。
[PR]
by minami_kit | 2005-10-30 22:20 | 野球

またまた予定がバッティング!さぁどうする?

日本シリーズまで終わってとりあえず一段落という感じでちょっと気分が緩んでます。

シリーズ優勝記念グッズが土曜日からマリーンズボールパークで販売されるとのことで、えーまた行列なの???と、こないだリーグ優勝記念グッズの行列に並んだ身としては行こうかどうしようかと散々迷っていましたが、オンラインショップでも販売するそうなのでワタシはこっちを利用することにしました。

あと、優勝パレードが11月20日に決まったそうですね。どうやら中央公園(千葉パルコ前)とマリスタ周辺と2回興行だそうで、甲子園に行けなかった組としてはここでぜひ参加したいところです。当然、レプリカユニを着て参集ですね。で、沿道ではみんなでタオル回して応援歌を歌ってコールをするわけですよ。ジェット風船は…ちょっとだめかな。

ともあれ、当日の楽しい光景を想像してわくわく気分にひたりつつ、さぁケータイのスケジュール帳に書き込もうと操作をすると…

あっ。。。。。"新宿流星会組長"こと(笑福亭)鶴瓶師の落語会がある。。。

どっちを取るかと言えば、普通だったら当然落語会ですわな。何と言ってもチケット争奪の競争率はトップクラスです。仕事とバッティングしたらどうにかこの時間を空けようとするでしょうし、ひょっとしたらおデートとバッティングしても落語会の方を取るかもしれません。し・か・し…もうひとりの自分が問いかけます。

『マリーンズのVパレードが観られるなんて、最初で最後かもしれないぜぇ…お前が生きてるうちはな(笑ぃ』※10/29改

もちろん、現在のチーム力ならマリーンズは来季も優勝争いは十分できるでしょう。でも勝負は水モノ。連覇の保証などもちろんありません。

どぉしよう…
[PR]
by minami_kit | 2005-10-28 23:11 | どうってことのない日常

後付け却下。

ぁ、タイガータイガーこけちゃっタイガー!

…たまには羽目をはずしてみたり(笑ぃ 悪意はありません。

今日は1面優勝記事目当てにニッカンとスポニチと東スポを買いました。

全紙購入された方もかなりいらっしゃるんじゃないかと容易に想像できるところですが、ワタシは特定の球団の機関誌と、サンエイサンキュー事件でその悪辣さが露呈したサンスポは絶対買わないことにしてるので。

パシフィックリーグのプレーオフに関してさまざまな意見が飛び交っております。全廃すべきと言うヒトもあれば新ルールを提案するヒトもいたりして、なるほどと思わされる内容もかなり目にしたところですが…

現行制度の不備を強調するあまり、返す刀でホークスあるいはタイガースがかわいそうとか言うのはいただけませんねぇ。八幡先輩だって言ってますよ。

『勝負に賭ける男にとって、同情されるのは敗北よりも恥なのだ…』ってさ。

悪法も法なり…です。内容はどうあれ所定の手続きを踏んでルールとして決められた以上それが唯一の規範になるんです。改めるべき点を改めるのは当然ですが、ニンゲンにあらかじめ確定した未来を予知する能力がない以上、どうしたって『やってみなければわからない』という局面が必然的に発生します。今年は、西武ライオンズがたまたまシーズン負け越しという成績でプレーオフ第1ステージにコマを進めたため議論が起こりましたが、果たして一昨年にここまで言及していたヒトがいましたかね?特に、マスメディア関係の、年中締め切りに追われてるようなヒトたちにそんな器用なことができるはずないんですから、目先の現象だけでごちゃごちゃ勝手なことを書いたりしゃべって、マリーンズ優勝の価値を貶めないでもらいたいもんです。

↓は幻の第6戦チケットです。ひょっとしたら当日ご近所さんになったかもしれない方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントください(笑ぃ
c0031888_225423.jpg

[PR]
by minami_kit | 2005-10-27 22:56 | 野球

マリーンズ、日本シリーズ4連勝!日本一!こんぐらちゅれーしょん!

今日は全編実況モードです(笑ぃ 残念ながらオフィシャルサイトで「日本シリーズのPVなし」という最後通告が出たので、いさぎよくあきらめて自宅観戦することにしました。もちろんプレーオフ限定ver.のメッシュジャージと黒キャップ、9/19にマリスタで配られたグリーンのタオルを準備して戦闘態勢完了。
c0031888_22175551.jpg

でもね、いいこと考えたんですよ。マリスタに戻ってくる(第6戦をやる)には甲子園での残り2試合を負けなくちゃいけないという先入観に囚われてましたけど、引き分けでもいいんですよ。3勝2分けでマリスタに戻って来れば、マリンで連敗してもまだだいぢょぶだし(ほんとかよ)。ひょっとしたらスタジアム前に集まったりしてるヒトがいるかもしれませんが、くれぐれも怒られない程度に騒いでくれることを祈ります(笑ぃ

1回裏、赤星選手が内野安打で出塁。続く鳥谷選手の投前バントがオールセーフに。タイガースにとっては「これこれ、これだよ」という展開ですが、またもクリーンアップが機能せずランナー残塁。
2回表、さっそく試合が動きます。ライト線二塁打で出塁したフランコ選手をイスンヨプ選手がホームランで還します。またも先制点を献上してしまいました。さぁさぁさぁどうするどうするタイガース!
2回裏 ワンアウトから矢野選手が四球で歩きます。ところが牽制死。もはや、タイガースは『事象のシュヴァルツシルト半径』に捉えられたとしか思えませんねぇ。
3回表、ワンアウトから西岡選手が一・二塁間を破るヒットで出塁。バッテリーが執拗に牽制します。1-3から西岡選手がスタートを切りますが、アウト!残念。ところが堀選手を歩かせてしまいます。せっかく刺したのにこれじゃ意味ありません。杉山投手、さらに福浦選手に死球を与えます。しかし、続くサブロー選手が中飛に倒れチェンジ。この時点で杉山投手の投球数は53球になりました。おそらく4回途中あるいは5回に代えてくるでしょう。
3回裏、またもワンアウトから赤星選手がセカンドゴロ。堀選手がバウンドを合わせ損ねてエラー。ふたたび赤星選手が出塁しますが、先ほどの牽制死もあってスタートが切れません。続く鳥谷選手は凡退。シーツ選手の2球目に赤星選手がセカンドへ盗塁成功。再び得点圏にランナーを進めます。シーツ選手は次のボールをライト線へ打ち上げます。フランコ選手が追って追って追って地上すれすれでスライディングキャッチ!いやぁ素晴らしい。

誰ですかテレンコなんて言ってるヒトは(笑ぃ

 
4回表、そのフランコ選手が四球で歩きます。続く今江選手が送りバント?でランナーを二塁へ。ここでタイガースはピッチャーを能見投手にスイッチ。バントさせたのは「次で交代…左対左だし」という読みだったんでしょうか。イスンヨプ選手が出鼻をくじく左中間への二塁打でさらに一点。VTRを見る限りでは、柵越えにならずに済んでよかったといった失投でした。続く橋本選手は完全に腰が引けたバッティングで三邪飛・セラフィニ投手は三振に倒れ、このイニングは一点どまり。
4回裏、先頭は金本選手。一・二塁間を破るシリーズ初安打。でも、いい時の彼なら右中間に行ってたんじゃないですかねぇ。。。続く今岡選手の当たりは三塁線へ。よく捕りましたがゲッツーはどうかなと思いましたが、セカンドへいいボールを投げました。セカンドからの送球はショートバウンドになりましたが、福浦選手がきっちりすくい上げてゲッツー完成。スペンサー選手はあっさり内野フライでチェンジ。
5回表、タイガースはさらにピッチャーを福原選手にスイッチして6番に置き、9番ライトに濱中選手を配置します。西岡選手は三振に終わりますが、続く堀選手が一塁ベースギリギリをライト線へ抜ける二塁打。きわどいタイミングでしたが、腰の状態が決して万全でないことを考えればよく走ってくれたと思います。続く福浦選手にはグリップ付近をかすめる死球。あれっよけてたかなぁと思いましたが、バッテリーもタイガースベンチもアクションなし。どうだろうと思いましたが、サブロー選手を渾身のアウトローで見逃し三振に打ち取ります。続くフランコ選手は三ゴロでフォースアウト。ベースへ駆け込んだ堀選手がうずくまるシーンが見て取れましたが、やっぱり腰にきたんでしょうか。。。
5回裏、マリーンズは堀選手に代えてセカンドに塀内選手を配置します。先頭矢野選手が三遊間を破るヒット。関本選手を四球で歩かせます。バレンタイン監督がマウンドへ行きますが、PO第2ステージ最終戦のあの展開を考えれば、これでサーフをあきらめるとは到底考えられません。結局続投。濱中選手を迎えます。三球三振!LF解説谷繁氏によれば、3球めはキャッチャーがボールにしようとしていたがコントロールミスでストライクを投げた…ということですが、どうでしょう?続く赤星選手、変化球をファウルして粘りますがタイミングは合ってません。やっときたストレートを待ってましたとばかりに叩きますが、セカンドゴロ。4-6-3のゲッツーでチェンジとなりました。放送席ではしきりに「ツキがない」とか言ってますけど、あれをツキだと言ってるようじゃてめぇら節穴と言わざるを得ませんね。それまでの配球をまるで考察してない証拠ですよ。ねぇ谷繁さん?だからドラゴンズ優勝できなかったんちゃうんかと(笑ぃ
6回表、先頭の今江選手は初球を叩いてあっさり左飛。ここでタイガースがウイリアムス投手を投入。このタイミングで代えた意図は何なんでしょう。次が左打者のイスンヨプ選手だから?さっきそれでタイムリー打たれてるんですけどねぇ。ひょっとしたら岡田監督って学習能力が(ry イスンヨプ選手、左中間の一番深いところへフェンス直撃の当たり。赤星選手がクッションボールの予測を誤ります。スンちゃん「おっしゃこれで三塁打取れればサイクルヒット狙えるニダ(笑ぃ」と思ったかどうかはわかりませんが、二塁を蹴って三塁へ向かいます。残念ながら余裕でタッチアウト(笑ぃ まぁ3の3ですから。
6回裏、ワンアウトからシーツ選手が出塁します。次打者は金本選手。初球ストレートのストライク判定に不満を示します。相当イライラが募っている様子。四球で歩かせますが、打たれてタイガースの士気を高めるよりはましでしょう。ここでマリーンズベンチが動きます。アンパイアへの説明がちょっと長いかな?ピッチャー交代だけなら一言ですむはずですから、どうやらピッチャーだけでなく守備も代えるようです。案の定、監督が告げたのはバッテリー交代でした。2番手は小野投手。里崎選手がキャッチャーで入ります。続く今岡選手は詰まりながらもセンター前にポトリと落ちるタイムリーでやっと1点。続く代打桧山選手が当たり損ねのセカンドゴロ。塀内選手、ゲッツーを焦りましたかねぇ。ライト前に逸らしてしまい1点差に詰め寄られます。しかし、矢野選手があっさり内野ゴロで6・6-3のゲッツー。じっくり待たれたらイヤな場面でしたが、早打ちしてくれました。これで、小林雅投手の出番が近づいてきた…んでしょうか。ホークスとのプレーオフ第3戦がプチトラウマになってるワタシとしては恐怖新聞ぐらい寿命が縮まる思いなんですけど(笑ぃ
7回表、マリーンズ打線は5番手藤川選手の前に、タイガース打線は3番手藤田投手にそれぞれ三者凡退。ラッキーセブンは終わりましたが、マリーンズにはラッキーエイトもあるんです…と書いて期待しましたがまたも三者凡退。どーーよ!?8回裏、マリーンズは藪田投手が登場、いきなり鳥谷選手を四球で歩かせます。リラックスリラックス!ここでタイガースベンチはシーツに送りバントの指示?あっさり投フライを上げてしまいランナーそのまま。続く金本選手、思い切りスイングしてますけど完全にヘッドアップしてます。こりゃ大丈夫でしょう。結局フォークボールにタイミング合わず三振。チカラが入りすぎてるんでしょうねぇ。続く今岡選手も三振。フォークを意識させておいてストレートで仕留める配球はよくあるパターンですが、それをきっちりできるところがマリーンズバッテリーの力量ってやつですよ。
9回表、タイガースは久保田投手が登場。今江選手はレフトに高いフライを上げますがこれは失速。続くイスンヨプ選手がライト前ヒット。さっき三塁打にならなかったのは惜しかったっすねぇ(笑ぃ 続く大塚選手はセカンドへ新jる異だを放ち二死二塁。しかし、続く里崎選手はセカンド正面の当たりで凡退。1点リードのまま9回裏に突入します。ピッチャーはおなじみ『幕張の防波堤』小林雅投手。あえて『最後のイニング』とは書きません… 片岡選手相手にいきなり3ボールナッシング。西岡選手がマウンドへ駆け寄ります。結局ストレートの四球で片岡選手は一塁へ。久慈選手が代走に起用されます。矢野選手は初球をバントしようとしますがバックネットへファウル。弱気だなぁ。2球めもバントを試みますがまたまたフライを上げてしまいます。バントシフトを取っていたとはいえ今江選手が猛ダッシュでノーバウンド捕球のファインプレー。ランナー戻れずゲッツーの大ボーンヘッド。最後のバッター藤本選手、ファウルで粘りますが最後はフォークボールで三振!

千葉ロッテマリーンズ日本一!!!

いやぁ、まさかこんなことにはならないだろうと思っていたことが今まさに現実になってます。昨年、わずか0.5ゲーム差でプレーオフ進出を逃したところから一気に頂点まで駆け上がったんですから。正直、ワタシは2位でレギュラーシーズンを終えた時点で結構満足してたんです。郭噺(くるわばなし)に例えちゃアレですが、初回-裏を返す-馴染みという感覚が抜けなくて(笑ぃ

前回マリーンズ(当時のオリオンズ)が日本一になった時は、中日球場での敵地胴上げでした。今回も敵地・甲子園球場での胴上げ。ワタシが心配していた球場での(小はともかく)大ゴタゴタがなく、タイガースファンのヒトたちも優勝監督インタヴューまで残っててくれました。ホントによかった。

次は、『マリスタで日本一の胴上げ』を見せてください。ワタシ自身の年齢が年齢だけに31年も待ってられませんから、できれば10年以内ぐらいに(笑ぃ

明日は第6戦と第7戦のチケット払い戻しに行かなくちゃ。  
[PR]
by minami_kit | 2005-10-26 22:35 | 野球

マリーンズ日本一に王手!もう敵地胴上げでもいいや(笑ぃ

最初に文句。

未だに「タイガースのブランク」云々をしゃべったり書いているメディア及び評論家はそんなにタイガースを勝たせたいんかよコラ。事前に決まっていたスケジュールなんだから、プロフェッショナルがそこにピークを合わせられなくてどうすんだよ。実戦うんぬんを言うなら、一歩間違ったら命を落としかねないぐらい紅白戦をシビアにやれよ。どっちかのチームにマリーンズのユニ着せたりしてさ。で、殺人スライディングとかジャコビニ流星打法とか人間ナイアガラとかやるんだよ。したらチンタラやってるヒマなんかねぇぜ。試合勘が…なんて甘っちょろいこと言ってるんぢゃねぇっての。トウカイテイオーだって中1年で有馬記念勝ったんだから。

文句はここまで。

後で知りましたが、第2戦で福浦選手がスタメンから下がったのは腰痛のためだったそうで。いやぁ、小坂&堀両選手という、さしずめ将棋なら桂と銀を欠いた上に金まで欠いて第3戦?と思いましたが、今日から堀選手が復帰。福浦選手も1試合休んだだけでスタメンに名前を連ねます。

先発はマリーンズ小林宏投手・タイガースが下柳投手。1回表裏は両軍無難な立ち上がり。金本選手、得点圏にランナーを置きながらホームに還せません。2回はマリーンズがベニー選手の犠牲フライで1点、タイガースは関本選手が一死二・三塁からの内野ゴロで1点。

分水嶺は4回。一死満塁から里崎選手が遊ゴロ。6-4-3と渡ってゲッツー…と思われたものの、一塁セーフ。守備位置が若干深かったのと、ランナーを気にした分鳥谷選手のアクションが遅れた感じですねぇ。何はともあれホームへ投げてくれなくて助かりました。堀選手がホームインしてまず1点。続く今江選手は完全に打ち取られたものの、打球のコースが幸いし内野安打。さらに1点が入ります。その裏はタイガース三者凡退。4番から始まる好機のはずが、外野にすら飛ばせず終わります。ちょっと先が見えたかなぁ…という感じ。下柳投手の投球数がここまでで60球を超えていたことからも、継投次第では第1&2戦のようにまたまた中盤のビッグイニングが期待される展開です。案の定下柳投手は5回を投げて降板。6回から藤川投手が登場し、マリーンズ打線のクリーンアップを三者凡退に切って取ります。

こりゃ、そう簡単に点は取れないかもと思った(ここから実況モードに入ります)7回表、先頭里崎選手の二遊間の当たりを鳥谷選手エラー。小坂選手or西岡選手なら普通に捕ってますよ。バッターランナーに速い脚があればギリギリ内野安打かもしれませんが。さらに今江選手のヒットとフランコ選手の四球で無死満塁。特にフランコ選手は、ともすれば色気が出て振り回してきそうなところですが、2-1からよく我慢してくれました。ここでマリーンズベンチが動きます。小林宏投手を下げて代打に橋本選手。えっちょっと早くないか?と思いましたが、橋本選手が中前にはじきかえし2点追加。またまた采配ずばり的中。ここでタイガースは藤川投手から桟原投手に交代。さらに、西岡選手が中前にはじき返しさらに1点。第1戦に続きまたも7回がビッグイニングに。堀選手が四球で再び無死満塁。ここで福浦選手が右越えグランドスラムの大掃除!これで10対1となり、マリーンズはシリーズ3戦連続2ケタ得点。サブロー選手が左前に運び、さらにタイガースは橋本投手へリレー。

さすがにちょっと緩んだのか?5・6・7番と凡退します。

7回裏からは2番手小野投手。ワンアウトから桧山選手に中前へ運ばれます。さらに矢野選手がサード強襲のヒットで一・二塁。ひさしぶりにチャンスらしいチャンスが巡ってきます。ところが関川選手が6・6-3のゲッツーに倒れあっさりチェンジ。スタンドの応援ムードがあっさりしぼみます。
8回表は西岡選手が左中間へヒットを放つものの後続なし。その裏マリーンズは藤田投手につなぎます。鳥谷選手には左前へ運ばれたものの、しっかり抑えてこの回もゼロ。9回表のマリーンズは6回表に続きクリーンアップが三者凡退。ちょっとばかし気が緩んでやしませんかい?明日、第1&2戦の時のタイガースみたいなことになったらヤバいかもしれませんぜ。油断するなよぉ~。

9回裏は藪田投手が締めます。先頭金本選手、チェンジアップでタイミングを狂わされフォークで打ち取られます。どうも、シリーズは出番のないまま終わりそうな感じ。結局三者凡退で試合終了。いよいよ王手がかかりました。

このままマリーンズが4連勝しそうな勢いですが、もし仮にそうなっても73年ジャイアンツV9の時みたいな事件~球史に残る汚点~を再現しないよう、甲子園球場の観客の皆さんは自重願いたいもんです。

これで十中八九マリーンズがアジアシリーズ出場決定なので東京ドームへ行こうかと思ったんですが…平日はちょっとムリだし、12日は病院だし、13日はチリヌルヲワカのライヴとバッティングしたので泣く泣く断念しました。たいへんダンネンです(つまらん
[PR]
by minami_kit | 2005-10-25 22:20 | 野球

ディープインパクトは国内で走り続けてください。このままじゃ海外では通用しませんから。

菊花賞はオンタイムで見られなかったので、NHKの中継を録画しときました。今日あらためてレースをちゃんと見ましたけど、スタート直後の下り坂からあれだけ折り合いを欠きながらよく33.3秒で上がってこられたもんです。どうも、掛かったのはゲートで隣の馬と接触したせいもあるでしょうけど(…と入力したら坂口師がそうしゃべってました)。

もっとも、それを差し引いても良馬場で184.7秒ってのは平凡ですねぇ。(ナリタ)ブライアンがヤシマソブリンを7馬身ちぎったのに対し、今回は着差2馬身だったし。ラジオでゴールタイムがアナウンスされた時、あれっこれブライアンの時もそれぐらいだったかなぁと直感的に思ったんですよ。で、家に帰って調べてみました。同馬の優勝タイムは184.6秒、馬場は稍重。う~んどうでしょう。ディープが走ったのは良馬場でしたからねぇ(笑ぃ ちなみに、前年のビワハヤヒデがディープと同タイム。この時は、スタート後の正面スタンドあたりから向こう正面にかけて先頭集団の位置取りがめまぐるしく入れ替わる乱ペースの展開で、引っ掛かってこれに巻き込まれたウイニングチケットに対し、先行集団から距離を置いて追走したビワハヤヒデの鞍上岡部騎手のステルス作戦が功を奏した印象がありました。当のビワハヤヒデも掛かり気味でしたけど。

これに対し、終始2番手を追走したアドマイヤジャパンがそのまま2着に流れ込んだように、今回はレース展開の紛れもほとんどなく平穏な内容だったと言ってもいいでしょう。すなわち、ディープ以外の馬も全能力を発揮しうる環境だったということです。ゆえに、ワタシはディープを評価する材料がまだ足りない…と思っています。

ワタシがディープの評価を躊躇する理由はもうひとつ。菊花賞レコードは98年セイウンスカイの183.2秒。ワタシの予想方法は、「同じ走破タイムなら道中より前を走っていた馬を評価する(&予想の下敷きにする)」というのが基本なので、差し・追い込みタイプより逃げ・先行馬の取捨に重点を置いています。なぜなら、「自分でレース(の展開)を作ってなおかつ勝つ馬」と「上がりはめっぽう速いけど、先行馬のペース次第で脚が左右される他力本願の馬」では当然前者が高く評価されるからです。

もっとも、これで的中率100パーセントというわけにはもちろんいきませんが(笑ぃ

オーナーサイドは有馬記念への出走を示唆しているようですが、今後海外遠征を視野に入れるのであれば、JC後のエルコンドルパサーのようにさっさと調整に入って、キングジョージなりBCクラシックなり凱旋門賞なり目標を設定して決め打ちするべきでしょう。ニッポンの楽な馬場ばっかり走ってる馬がいきなり外国行ったって対応できるはざぁありませんって。JRAは嫌がるでしょうが、もはやニッポンにおける暮れの風物詩の一環でしかなくなった、あの基地外(観客)どもの祭典・有馬記念でディープを走らせるのは、彼自身のキャリアにもまったくプラスにはならないと考えます。
[PR]
by minami_kit | 2005-10-24 22:59 | 競馬

鴎はまだまだ飛び続ける。

ということで、寝起きにいきなりreverseしたワタシが来ましたよ(笑ぃ ビール6杯だったらまだまだいけるレヴェルなんですが… 帰りに長々とバスに揺られたのが効いたかな。いっちゃん早く乗れそうだからといって稲毛海岸方面のバスに乗ったのは失敗ですた。
そんな事情で体調は10段階中3~4ぐらいといったところ。もう、いっそのこと現地で誰かにチケット譲って優勝記念グッズだけ買って帰ってこようかとも思ったぐらい。まぁどうにか思いとどまりましたが。

今日もメッセ周辺の道路は思ったほど混んでいません。昨日とほぼ同じ時間に家を出てほぼ同じ時間にマリスタに到着。

c0031888_23241476.jpg
今日はいい天気。ちょっと風が冷たく感じられましたが。

ラジオでは菊花賞のパドックをやってます(…と書けばだいたいの時間はおわかりいたでるのではないかと)。ステージではライヴもやってないし、時間つぶしついでに昨日買いそびれた優勝(orシリーズ開催)記念のグッズを買おうかと…

上の写真はその行列から撮ったものですが、これがFゲート当たりまで伸びてそこから折り返してるんですわ。結局1時間半以上かかってやっとリーグ優勝記念のTシャツとフェイスタオルを入手。

今日は呑まないつもりで、日本シリーズ弁当を夕飯がわりに。お値段は1000円なり。

c0031888_23304541.jpg



c0031888_23314916.jpg
パッケージ&中身です。感想は…正直に申し上げますが、これで1000円はないでしょ(笑ぃ ショバ代を考慮しても高過ぎ。コンビニに置いたら600円でも売れるかどうか。

スタメン発表。第1戦のオーダーを動かさなかったタイガースに対し、マリーンズはまたまたオーダーを組み替えます。福浦選手をスタメンから外し、3番にDH里崎選手。さらに前日2番で4安打した今江選手を8番に。その2番には塀内選手が入ります。

ゲームは、昨日同様マリーンズが先制。二塁打の西岡選手を塀内選手が送ります。里崎選手は内野ゴロに倒れランナー生還はできませんでしたが、続くサブロー選手の三ゴロを今岡選手が悪送球。ラッキーな一点が入ります。
続く2回裏にも、ヒットのイスンヨプ選手が今江選手のライトへのヒットで三塁へ進み無死一・三塁。続く橋本選手は4-6-3のゲッツーを食らいますが、この間にランナー生還。2点のリードを奪います。

3回表、タイガースにチャンスが訪れます。片岡・桧山両選手がヒットを放ち無死一・二塁。ここは当然送りバントのケースですが、藤本選手が送れず最後は一塁ファーストフライに倒れます。いくらなんでも試合間隔が開いたからバント失敗ってこたぁないでしょう。この後も両軍得点できず、2-0のまま試合が膠着気味に。

6回裏、ぼちぼち追加点がほしいイニング。待ってました花火大会。サブロー選手の2ラン、フランコ選手のソロ、イスンヨプ選手の2ランと計3発。5点追加のビッグイニングになりました。前夜に続いて、一塁側ではハイタッチの嵐。



c0031888_054377.jpg
スタンドの風景その1

c0031888_064878.jpg
スタンドの風景その2

ほぼ勝負が決まって、タイガース側は緊張の糸が完全に切れたようです。8回裏には、2番手江草投手が1イニングで3つのワイルドピッチ。バットを振らずに一塁ランナー生還。さらに2点を追加し昨日に続いて2ケタ得点となりました。

渡辺俊介投手は結局タイガースを4安打に抑え完封勝利。終わってみれば、クリーンアップから6番までタイガースはノーヒット。ちょっと危なかったのは6回表の一死一・三塁ぐらいのもので(赤星選手は刺せなかったけど)、マリーンズは計2人のピッチャーで2勝を挙げたことになります。これで、第3戦以降は中継ぎ&抑えの起用に不安がほぼなくなったと言えるでしょう。むろん、タイガースのJFKを始めとする中継ぎ&抑えのスタッフもこの2試合出番がありませんが、出さずにすんでいるのと出せる展開にすらならないのとでは天と地の差があります。まぁマリーンズの優位は動かないでしょう。

※おわび 今日もトラバやコメントをいただきましたが、早く寝て体調を立て直したいのでお返事などなどは月曜日に書きます。ご容赦くださいませ。


それから、昨日の座席壊し野郎に続き今日もメガホンをグラウンドに投げ込んだ不届き者がいましたね。あんまし言いたくありませんが、

またですか??
[PR]
by minami_kit | 2005-10-23 23:59 | 野球

コールドだろうが勝ちは勝ち!

いよいよ日本シリーズ。天気同様モーターショーの出足もイマイチだったようで、メッセ周辺の渋滞はそれほどでもありませんでした。交通情報を聴いても、思ったほど渋滞が長くなかったので、予定を変更しいつもどおり幕張本郷からバスを使いました。

c0031888_0425151.jpg
幕張本郷駅のバス停で撮影。

15時半をちょっと過ぎたタイミングで路線バスに乗りましたが、海浜幕張駅までは割とスムーズな運行でした。そこから先はちょっと時間かかりましたけど。だから、幕張本郷からは直通バスより普通の路線バスの方がいいかもしれません。あっ混んでるなと思ったら途中で降りて歩けばいいんですから。


c0031888_043235.jpg
マリスタ正面の横断幕。

スタジアム周辺には、『チケット譲ってください』と書いたA3ぐらいの紙を持ったヒトがそこかしこに見られました。ワタシは1枚しか持ってませんでしたので、ご期待に添えられなくてすんまへん。



c0031888_0473550.jpg
ちょっとだけ陽が差してます。



c0031888_0465432.jpg
アップ中の早坂選手。2番セカンドでスタメンと思ってましたが、サプライズ(笑ぃ


1回表、清水投手はいきなり赤星選手を四球で歩かせます。うわっちゃぁ~と頭を抱えましたが、鳥谷選手が進塁打すら打てず三振。シーツ選手にヒットを打たれるものの、金本選手をゲッツーに仕留め無傷で発進。

その裏、この日2番に座った今江選手がさっそく大仕事。レフトスタンドへソロアーチをかけます。早くもハイタッチ大会ですよ(笑ぃ 2回以降は散発的にヒットが出るものの、両チームとも得点には結びつきません。井川投手の緩い変化球が低めに決まり始めており、ちょっとイヤな展開になってきた5回表。

桧山選手がヒットで出塁。矢野選手がライト線に運んで一死一・三塁とします。藤本選手がきっちりレフトに犠牲フライを上げて同点。次の回はクリーンアップに回るだけに、同点どまりでもかなーり不安でしたが…

その裏、シリーズ初ヒットの渡辺正選手を一塁に置いて西岡選手がタイガース内野陣の連携の乱れを誘う技ありのプッシュバントを決め無死一・二塁の大チャンス。続く今江選手の二塁打でまず1点。さらに、プレーオフからバットが湿り気味だったサブロー選手が二塁打を放ちさらに2点。この回都合3点をゲット。さらに、6回裏にはイスンヨプ選手が井川投手の肩口から入ってくるカーブ(あるいはスライダー)をライトスタンドへ叩き込み5対1とリードを広げます。



c0031888_125021.jpg
このあたりから霧が気になり始めました。なんか、煙がスタジアムに流れ込んでるような感じ。

マリンガン打線は止まりません。7回裏には、この回から代わった橋本投手を攻め里崎選手スリーラン・ベニー選手のツーランで10対1と大きくリードを広げます。ライトスタンドはもちろんワタシの周辺もお祭り騒ぎ(笑ぃ ここで試合中断。



c0031888_184345.jpg
バックネット方面を臨むアングル。



c0031888_175991.jpg
別アングル。もう、ワタシの席からレフト側外野スタンドはもちろんフェンスの広告すら判別できません。



c0031888_1105845.jpg
空き時間の間にウェーブが始まります。スタンド全体で5周ぐらいはしたでしょうか(笑ぃ

結局、濃霧が短時間で回復する見込みなし…審判団が判断し試合中止を宣告。コールドゲームでマリーンズの勝利となりました。まぁ、再開したところでマリーンズの勝ちは99.999999パーセント動かないでしょうから、タイガース陣営もかえってメンタル面で早く切り替えられるかもしれませんね。明日ももらうぜ!

…待てよ、4連勝とか4勝1敗だと敵地胴上げになっちゃうなぁ。できればマリスタで決めてほしいと思うのはぜいたくでしょうかねぇ(笑ぃ
[PR]
by minami_kit | 2005-10-22 23:59 | 野球

シリーズ前夜。

c0031888_21312143.gif

Sho's Voice様から日本シリーズver.のバナーをお借りしました。THX!

オフィシャルサイトの「リーグ優勝記念壁紙」、皆さんもうDLしましたか?

クライマックスの時期に村上某とか三木谷某がいらんことしてくれて、ちょっと…もとい、ものすごい勢いで水を差された感がありますが、メディアもやっとこっちを向いてくれつつある今日この頃… 予告先発が実施されるとか、ジョニーとライオンズ石井貴投手がリハビリ仲間だったとか、わたしんとこのトップがシリーズ優勝なら県民栄誉賞も検討しているとか、日本シリーズ関連の報道が増えてきてほっとしてたりします。LFでも『お美和子様』がお遊び企画のロッテクイズで鶴光師匠相手に最強…もとい最凶のボケを爆発させています。BAY-FMでパーソナリティをやってた頃は、番組で何度もマリーンズ情報を読んでたはずですから、ちょっとは予備知識があるんじゃないかと思ってたんですが(笑ぃ

もっとも、'92年秋に西武ライオンズが日本一になった翌日、1面に『貴・りえ婚約』をでかでかと載っけやがったスポーツ紙より罪状は軽いかもしれません…

モーターショーの渋滞予測がドライブなび千葉・房総さんで紹介されております。とにかく見れ。

あなた、これでもマイカーで来ますか??(笑ぃ

こないだ書いたように、ワタシは電車+徒歩でマリスタへ行きます。もっとも、ワタシの場合は「呑みたいから」ってぇ理由もあるんですけど…もちろん、酔っても粗相はしませぬ。

どうやら二遊間は早坂-西岡両選手の布陣になりそうです。西岡選手はともかく、早坂選手には確実な守備を求めたいですね。なまじ走攻守すべての面で最高レヴェルを意識すると、全部が中途半端になりかねませんから。

メジャーリーグの一部の球団が、非公式とはいえ早くもバレンタイン監督にオファーを送っているそうな。ボビーがそう簡単にあっちになびくとは信じていませんが、最後は本人の意志を尊重しなくちゃならんでしょう。いずれ向こうに帰るとしても、最低でもあと3年はこっちでやってほしいもんです。

プレーオフに続いて日本シリーズのチケットも瞬く間にソールドアウトになってしまい、取れなかった方はお気の毒でした。転売目的でチケットをネットオークションに乗せるやつらをシステム運営側はいつまで野放しにしとくんでしょう。

ねぇヤフオクの大元締・孫正義さん?? せめて、発売日とその翌日まではオークションに乗せるのを禁止するとか、興行のチケット(プロ野球に限らず)については入札価格の上限を青天井じゃなく本来の売価の1.1~1.2倍ぐらいに制限するとか。本当に行きたくても行けない人たちの声に耳を傾けちゃくれませんかね?


菊花賞のディープインパクトはどうやら単勝元返しになりそうですねぇ。春にダービーを勝って3歳馬のチャンピオンになったのに、なんでまた今になって3歳限定のG1なんでしょう。ワタシは菊をパスしてJCなり暮れの香港カップに行ってほしかったんですけど。しょせんニッポンの競馬なんて、世界から見ればMLBのダブルAとかシングルAクラスなんですから、すでにニッポンでしか存在意義のなくなったクラシック三冠なんか目指したってしゃぁないんぢゃないかと思います。
[PR]
by minami_kit | 2005-10-21 21:19 | 野球


ブログ終了しました。今後は不定期かつ単発的に投稿することがあります。絡んでくださる方はtwitterへよろしく~
tweet by minami_kit
リンク各種
ブロガー様(五十音順)
いすみマリーンズ
おにぎりまるの、ぐ
かもめ見聞録
鴎3矢
鴎に飛び方を教えた猫
ケニーの気ままな猫たち
真・野球好きブロガー生息図
空もよう
東京からオリックスバファローズを応援
26cmの館
日刊kubokazu777
日記・独り言
やまだ書点の万葉パ・リーグ
40代 男 猫とふたり暮らし

オリジナル待ち受け製作
ひょ?2

Official(順不同)

☆野球
千葉ロッテマリーンズ
パシフィックリーグ・チャンネル(youtube)new!!
日本野球機構
日本プロ野球選手会
カンちゃんのマリーンズコラム・ "和"をもって尊しとなす
(Tobu-dept Funabashi)*renewal


☆音楽
GO!GO!7188*renewal
385
detroit7
Bleach(Bleach03)
*disbanded...
スパイシー・スペイシー(GO!GO!7188・ターキー)
気まぐれDIARY(GO!GO!7188・アッコ)
aiko
クレイジーケンバンド
LED ZEPPELIN(英語)
THE Who(英語)
早瀬優香子*Youtube*
斉藤由貴*Fan site*
草地章江*Fan site*
熊谷幸子*Wikipedia*

☆格闘技
日本ボクシングコミッション
日本相撲協会

☆競馬
地方競馬情報サイト
JRAホームページ
競馬学校ブログ(JRA)
トレセンブログ(JRA)
ばんえい十勝オフィシャルホームページ

☆演芸
社団法人落語協会
社団法人落語芸術協会
社団法人上方落語協会
立川流一門会
立川志の輔
桂雀三郎

ネタ系
痛いニュース
働くモノニュース:人生VIP職人ブログ

youtubeにうpした過去の動画はこちら↓からドゾー
kitaminamisan

※お知らせ
※トラックバック元orコメント元が次のいずれかに該当するものについては、原則として予告なく削除させていただきますのでご了承願います。また、競馬カテゴリのエントリに対するトラックバックは、「受け付けない」設定としておりますので併せてご理解くださいますようお願い申し上げます。

a.商用及び商用に準ずると認められるもの
b.公序良俗に反する内容が含まれるもの
c.閉鎖、リンク切れその他の理由により閲覧不可となっているもの
d.未成年閲覧不可・会員制などアクセスに制限があるもの(年令認証などのアクセス制限措置が具体的に取られているかいないかを問いません)

各々のエントリ内容に直接言及されていない(又は関連性が薄いと判断される)トラックバックに対しては、トラックバック返しあるいはコメントを行いませんので申し添えます。

「直リンクがないエントリからのトラックバックを拒否する」設定にされているブロガー様からのコメントorトラックバックについても、原則として同様に取り扱いますのでご承知おき願います。('08 Jan.1全面改訂:'08,Sep.26一部追加)

※トラックバックを承認制としました('09,Apr.15追加)
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
王手!
from 日刊kubokazu777
今年は、西武ライオンズが..
from 今年は、西武ライオンズが楽し..
一阿のことば 32 「〔..
from ガラス瓶に手紙を入れて
田原成貴
from ヘルズ ダイアリー
トートバッグについて
from トートバッグの通販人気情報
人気ジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧